戸建住宅関連企業さま向け情報

住宅&住宅設備トレンドウォッチTOPへ戻る

印刷用PDF

現代人の睡眠事情 〜夏の寝室の現状〜

要点

都市生活研究所では、夏季の睡眠環境について調査をし、「現代人の睡眠事情2015〜寝室の現状と睡眠実態〜」にまとめました。その中から、寝室や空調、寝具についての現状と意向を抜粋し、ご紹介します。

1寝室の現状と意向

寝室は「南向き、6〜8畳、フローリング」が多い

[図1] 寝室の方位寝室の方位は「南」が最も多いのですが、持家・集合住宅では他の住居形態に比べて少なく、「北・北西・北東」が合わせて約3割と多くなっています(図1)。分譲マンションでは南側にリビング、北側に個室という間取りが多いためと考えられます。
寝室の広さは「6〜8畳未満」が最も多いようです(図2)。 寝室の和洋と床材は「洋室/フローリング」が最も多く、次いで「和室/畳」。持家・戸建住宅では「洋室/フローリング」の割合が高く、賃貸・戸建住宅では「和室/畳」の割合が高いことがわかりました(図3)。

[図2] 寝室の広さ [図3] 寝室の和洋と床材

既婚者は、年代が上がるほど「ひとりで寝ている」

[図4] 寝室で一緒に寝る人数【既婚者】寝室で就寝する人数は、既婚者を見ると、年齢が上がるほど「1人」が多くなり、50代では3割以上、70代では約半数がひとりで就寝しています(図4)。20〜40代既婚者では男性の方が「1人」が多いことから、母子が同室で夫のみ別室のケースもあることがわかります。

寝室への不満は、「夏、暑い」「狭い」「収納が少ない」

[図5] 寝室の不満点(上位10項目)寝室への不満は、「夏、暑い」「狭い」「収納が少ない」がトップ3となりました(図5)。暑さ、寒さ、風通し、湿気、日あたり、音といった室内環境への不満が多くあげられており、快適な環境で眠りたいというニーズは高いようです。また、布団や衣類など収納するものが多いことから、収納量への不満も上位にあがりました。

このページのトップへ

2寝室空調の使用状況と意向

寝室の空調は「エアコン」や「扇風機」のタイマーを使う人が多い

夏季、寝室にある空調の使い方は、就寝中つけっぱなしの人が「エアコンの冷房」25.3%、「扇風機」30.9%であるのに対し、「切」タイマーを使う人は「エアコンの冷房」38.7%、「扇風機」32.6%と、つけっぱなしの人を上回っています(図6)。
また、就寝中の寝室の窓の開閉状況について聞いたところ、約6割は窓を閉めており、約4割が窓やスリットなどを開けて寝ています(図7)。途中で開ける人は少ないことから、タイマーでエアコン等が切れた後に窓を開けることは、あまり行われていないようです。

[図6] 空調の使い方
[図7] 就寝中の窓の開閉状況

寝室空調の不満のトップは「光熱費がかかる」。「温度が安定しない」「冷え過ぎる」が続く

寝室にある空調は「エアコンの冷房」が最も多かったのですが、寝室の空調への不満を聞いたところ、「光熱費がかかる」「温度が安定しない」「冷えすぎる」、がトップ3でした(図8)。女性の方が不満のある人が多く、「光熱費がかかる」「冷えすぎる」で男女差が大きくなっています。

[図8] 空調の不満点
このページのトップへ

3寝具の使用状況と意識

寝具は「布団」よりも「ベッド」が多い。70代男性のみ「布団」が上回る

[図9] 寝具の種類寝具について聞いたところ、男性70代以外は「布団」より「ベッド」が多くなりました(図9)。寝室が和室よりも洋室が多いこと(図3)も影響しているのではないでしょうか。男性は年代が上がるにつれて「布団」が増えますが、女性70代は「ベッド」の割合が高く、女性高齢者は膝・腰などの痛みを訴える人が多いことや、布団の上げ下ろしが大変なことから、負担の少ないベッドが選ばれているのではないでしょうか。

寝具は清潔感を重視。天日干しや洗濯をすることで、湿気やアレルギー源を除去したい

寝具についての意識を聞いたところ、「タオルケットや夏がけ布団を家で洗いたい」、「天日干しは清潔のために重要」など、「清潔感」を重視している人が多いことがわかりました(図10)。一方で、寝具の手入れに手間や時間をかけたくないという回答も半数近くとなっており、手間をかけずに布団を清潔に保ちたいと考えている人も少なくないようです。また、布団の収納場所不足を感じている人、布団の収納場所の湿気を気にする人は女性で半数前後となっており、寝具の収納に関して不満があることがわかりました。

[図10] 寝具についての意識(あてはまる+ややあてはまる)

今回のレポートは、「現代人の睡眠事情2015〜寝室の現状と睡眠実態〜」からの抜粋となり、睡眠に関する現状や意識に関しても紹介しております。下記ホームページからダウンロードしてご覧ください。

このレポートのダウンロードはこちら

都市生活研究所ホームページはこちら

■調査概要
 調査方法 : インターネット調査
 調査期間 : 2014年8月
 調査対象 : 一都三県(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)

15歳〜79歳男女:計2600名
 10代20代30代40代50代60代70代
男性1002002002002002002001300
女性1002002002002002002001300
2004004004004004004002600