戸建住宅関連企業さま向け情報

住宅&住宅設備トレンドウォッチTOPへ戻る

印刷用PDF

大人ファミリーのライフスタイル 〜「両親+社会人の子供」からなる家族の暮らし〜

要点

都市生活研究所では、「65歳未満の両親と学業を終えた未婚の子供が同居している世帯」を「大人ファミリー」と定義し、「大人ファミリー」のライフスタイルについて調査しました。

1未婚者の親との同居の割合が高い。

[図1] 18〜39歳の未婚者の親との同居・非同居(一都三県)平成22年国勢調査によると、一都三県の18〜39歳の未婚者の約6割は親と同居しています(図1)。さらに、初婚年齢が年々上がっていることから、大人ファミリー期間が長くなることが予想できます。

大人ファミリーはどのようなライフスタイルをしているのかをみてみましょう。1951年〜1964年生まれの親と、学業を終えた未婚の子供からなる世帯に対して調査を実施しました。

2同居の子供は1人が最も多く、20代後半が約半数。男女の差はない

[図2] 同居している子供の年齢(最年長者)同居している子供(最年長者)の年齢は、25〜29歳が最も多く、約半数を占め、次いで24歳以下が28.3%、30〜34歳が18.3%となっています。(図2)

3世帯年収は、1000〜1500万円が最多。子供の年収は300〜400万円が最多

[図3] 世帯年収と子の年収親と子の多くが就労しており、世帯の年収は、1000〜1500万円が25.6%と最も多く、次いで600〜800万円が18.6%です。子供(最年長者)の年収は、300〜400万円が26.9%で最も多く、次いで200〜300万円が25.8%です(図3)。

4家計分担 〜親が子供を扶養する関係が続いている〜

家計における子供の役割について子供の年収別にみると、年収200万円未満の子供では、半数近くが家にお金を全く入れていません。子供の年収が上がるにつれて家に入れる額が多くなりますが、年収400万円以上の子供でも2割弱は全く入れておらず、家計を分担していないことがわかります(図4)。
また、携帯料金を誰が支払うかを聞いたところ、各自で支払っている割合は23.6%であり、親(夫または妻)が支払う世帯が7割以上です。家族で外食をする際の支払いについても、親(夫または妻)が支払う世帯が9割以上であり、子供が払う家はほとんどありません(図5)。大人ファミリーの子供は家計に責任を持っておらず、幼いころから変わらず、親が子供を扶養する関係が続いていることがわかりました。

[図4] 子供が家に入れている金額<子供(最年長者)の年収別> [図5] 誰が支払っているか

5家事の実態 〜家事は母親が主に担当し、子供が行うことはほとんどない〜

[図6] 料理を作る人【休日/夕食】大人ファミリーの家事の実態を見ると、料理については大部分を女性(母親)が担当しています。平日は9割以上、休日であっても9割弱の女性(母親)が「自分」と答えています。子供が料理をすることはほとんどないことがわかります(図6)。

[図7] 家事分担他の家事について家庭内での分担を聞いたところ、大部分を妻(母親)が担当していました。特に、リビング・ダイニングの掃除やトイレ掃除は、約9割が妻(母親)と答えています。風呂掃除に関しては、約2割の夫が担当と答えていますが、子供が担当しているものはほとんどありません。個室の掃除を各自または子供が行う人が3割程度見られましたが、約6割は個室も妻(母親)が掃除しています(図7)。

6子供との仲の良さ 〜親子仲は総じて良く、特に母親と子供は仲が良い〜

「あなたは子供とどの程度仲がいいですか?」という質問に対して、「仲が良い」(とても仲がいい+仲がいいほう)と答えた人は約6〜8割でした(図8)。特に、女性(母親)は息子、娘ともに8割前後が「仲が良い」と思っており、娘との仲は「とても良い」と思っている人が3割近くでした。

[図8-1] 子供との仲の良さ<息子と> [図8-2] 子供との仲の良さ <娘と>

仲の良い親子の会話について聞いて見てみると、息子、娘ともに仕事の話をしており、男性(父親)よりも女性(母親)の方が、「最近流行っていること」「TVや芸能人のこと」「友人関係」「恋愛関係」など、友達同士のような会話を子供としていることがわかりました(図9)。

[図9-1] 親子の会話内容 <息子との会話内容> [図9-2] 親子の会話内容 <娘との会話内容>

今回、大人ファミリーの生活実態の一部をご紹介しました。大人ファミリーは子育てファミリーの延長線上であるため、今は大人同士の生活ですが、子供のころからの親子関係が残っており、生活面と経済面において親が子を扶養する関係が続いています。家事はほとんど母親が行い、家計に対する負担も子供はあまり担っていませんが、それに対して親側の強い不満は見られないようです。というのも、現在の大人ファミリーは親子の仲が良く、子供は親にとって「生きがい」といった存在だからでしょう。

このような暮らしを送る大人ファミリーが、今後の住まいに求めることはどのようなものでしょうか。都市生活レポート「大人ファミリーのライフスタイル」の本編では、大人ファミリーの住まいづくりの実例について、実際のプランや写真を紹介しています。

このレポートのダウンロードはこちら

都市生活研究所ホームページはこちら