戸建住宅関連企業さま向け情報

住宅&住宅設備トレンドウォッチTOPへ戻る

印刷用PDF
要点

今月は、東京ガスから発信しているNEWS LETTER「話のたまご」から、今年話題になった電力自由化についてのお役立ち情報をお届けします。
家庭用電力の小売全面自由化が2016年4月にスタートしました。
2016年6月に5,000人を対象に実施した「第3回エネルギー自由化に関する生活者意識調査(電通調べ)」によると、電力自由化の「内容まで知っている」という人は24.3%、「内容はわからないが、自由化されたことは確かに知っている」という人は55.8%。これらを合わせると、全体のおよそ8割の人が電力自由化を知っていると答えています。第2回目の調査(2015年11月実施)と比較すると「内容まで知っている」人は15.4%増加していますが、詳しい理解にまで至っていないところもありそうです。

1まだ伝わっていないメリット
まだメリットがよくわからないという人が全体の半数以上

アンケート結果同じ調査で、電力自由化における電力会社について「比較検討も行っておらず、変更していない」という人は64.1%。およそ3分の2にも及んでいます。その理由は何でしょうか?
変更の意向がない人に対して理由を尋ねると、「メリットがよくわからない」が52.0%で全体の半数以上。続いて「なんとなく不安」が37.2%、「慣れている会社のほうがよい」が28.0%でした。
電力自由化のメリットは、まだまだ認知されていないと言えそうです。

2ライスタイル見直しのきっかけに
生活を見つめ直すところからはじめると電力自由化がわかる!

ちょっと自分の暮らしを見つめ直してみるだけで、電力自由化は、身近に感じられるものになります。例えば、家族のライフスタイル。「いつも誰かが家にいますね」というご家庭では、電気使用量は多くなりがちです。「念願の省エネ家電を購入した!」というお宅では、「だったら、家全体の電気代も見直してみよう」という気持ちになるかもしれません。
例えば、契約アンペア数というものも、ライフスタイルを見直すきっかけになりそうです。アンペア(A)とは電流の単位のこと。電力自由化による比較検討を行うことで、「わが家のアンペア数を初めて知った」ことから、エネルギーへの関心が高まったという人もいます。基本料金制の電力会社では、基本料金はこの契約アンペアで異なりますから、ぜひ確認してみてはいかがでしょうか。

電気の「見える化」が家族のライフスタイルを教えてくれる!

「見える化」イメージ見えることによって、よくわかる。電気も、そうなんです。電気使用量の「見える化」サービスを行っている電力会社では、時間帯別、日別、月別などで使用量を見ることが可能。前年度との比較や、季節による変化も確認できて、金額もわかります。これによって、「少しでも使用量を減らしたい」という意識が芽生えたことから、電気の「節約」につながることも。
東京ガスの電気とガスを利用されて、「myTOKYOGAS」というホームページに登録していただくと、電気とガスの請求額をいっしょに見ることができ、料金はトータルでグラフ化されます。例えば季節によって、夏は冷房による電気の使用量が多くなり、冬は給湯や暖房のガス使用量が多くなるなど、その傾向も一目瞭然に。エネルギー全体が見えて、支払先もまとまり、家計も把握しやすくなるでしょう。

「見える化」グラフイメージ

3人それぞれのハッピープログラム
「節約」につながることがもっとあるからうれしい!

(1)料金が安くなる (2)セットで割引になる (3)ポイントがたまるもちろん直接的なメリットがあると、うれしいものです。その大きなポイントは「節約」につながる「おトク」があることでしょう。
この主なものには3つのタイプがあって、①料金が安くなる ②セットで割引になる ③ポイントがたまる。
例えば、東京ガスの「ずっともプラン」には、ガスとのセットで割引になる「ガス・電気セット割」や、インターネットもまとめて大幅におトクになる「東京ガストリプル割」があります。さらに、電気料金のお支払いなどでたまる「パッチョポイント」も。これが各種ポイントカードと提携していることも、見逃せないところでしょう。「dポイント」「Tポイント」「Ponta」など、よく利用するポイントカードのある人にとっては、ポイント交換がうれしいものに。ですから、ポイントのたまる率も、要チェックです。

今までになかった暮らしの広がりを実感できるという喜びの声!

お客さまの声それでは電力自由化で、実際に電力会社を切り替えた人は、どんな感想を持っているのでしょうか。東京ガスのアンケートに寄せられた中では、やはり多いのはポイントが貯まるのがうれしいという声で、「貯めたポイントを、お買い物など別の形で使えるところがいいですね」という感想も。
電気の「見える化」が便利だという人も多く、「電気の使用量を1時間単位で見ることができて、とても役立っています」「前年比や月々の傾向などの使用量が比較できて、電気を使いすぎていないか検討しやすいですね」「家計簿をつける際に便利です」などの声も多いのが特徴です。
さらに東京ガスでは、「クックパッドのプレミアムサービス」「生活まわり駆けつけサービス」など、その人のライフスタイルをサポートするサービスに大きな人気が集まっています。

このページのトップへ

4さあチェックしてスタート
スタートかんたん!切り替え手続きはかんたん 契約前に、さあチェック!

契約前に安心のポイントチェック「切り替え手続きが面倒くさそう」と思われる人も、きっといらっしゃるでしょう。でも本当は、至ってかんたん。今までの電力会社に連絡する必要はなく、新しい電力会社の窓口へ行ったり、電話やインターネットなどで申し込めばOKです。
また原則的に、切り替えのための工事や費用は必要ありません。スマートメーターというデジタルの電力量計が設置されていないご家庭では、その取り替えが必要となりますが、家の中に上がり込んでの工事などは一切ありません。
切り替えをするにあたって、確認しておきたい項目のかんたんなチェックシートを右に示しました。ご自身のこだわりポイントをプラスして、もっと詳細なオリジナルシートを作成してみるのも、電気がより身近に感じられる方法です。電力自由化の扉を、ぜひご自身のことと考えて、明日に向けて開いてみてください。

東京ガスの新しいサービスのご紹介 かんたん便利なサービス「省エネアドバイス」

NEWS LETTER「話のたまご」は、エネルギーに関連した生活情報など、お役立ち情報をまとめ、年4回発行しているニュースレターです。 バックナンバーを下記のサイトからダウンロードできます。是非、ご活用ください。

「話のたまご」バックナンバーはこちら

「話のたまご」に掲載されている情報や、グラフ、画像の使用について
【お問い合わせ先】
東京ガス株式会社 広報部 03-5400-3886