戸建住宅関連企業さま向け情報

住宅&住宅設備トレンドウォッチTOPへ戻る

印刷用PDF

グランプリ、準グランプリ受賞作品ご紹介 住まいの環境デザイン・アワード2017 2017/3/17号

住まいの環境デザイン・アワードは、“人と環境と住空間デザインの真の融合”をテーマに開催しました。応募総数192点の中から、一次書類審査後、上位入賞候補作品は現地審査、二次審査会を経て、計23賞が決定しました。今回で、第10回となる住まいと環境デザイン・アワードのグランプリおよび準グランプリを受賞した作品をご紹介します。

グランプリ

Yuji Yoshida Gallery / House(1)

Yuji Yoshida Gallery / House

設計:川島範久 / ARTHENVARCH
施工:丸安商店

東京近郊にある築40年の分譲マンションの1住戸を全面改修した事例。玄関から室内の真ん中までを土間とし、その周りにリビング・ダイニングや寝室、客間をコンパクトに配置している。設計では、シミュレーションに基づいて温熱環境や光環境の改善にも着手。断熱性能を高めたほか、間仕切りに麻のカーテンなどを使い、各空間の採光や通風を調整できるようにした。
審査では、住空間と環境性能とを高いレベルで調和させた設計の思想や手法が、他のマンション改修や戸建て住宅のストック活用にも通じる好例として高く評価され、グランプリを受賞した。

Yuji Yoshida Gallery / House(2)

Yuji Yoshida Gallery / House(面図)

DATA

所在地:埼玉県さいたま市
家族構成:単身者
面積(建築/延床):56.85m2/47.41m2
構造:鉄筋コンクリート造
階数:地上6階建ての5階
完成(改修):2016年4月
主な設備  :エコジョーズ、ガスコンロ、温水床暖房、熱交換換気

Photo:Kenta Hasegawa

このページのトップへ

準グランプリ

Shrimp(1)

Shrimp

設計:前田圭介/UID
施工:ホーム

市の中心部に近い住宅地に建つ戸建て住宅。南北に長い敷地に対して、建物を3つのボリュームに分けて配置。それぞれのボリュームをずらすことで生じた隙間から光や風を取り込む。構造は、鉄筋コンクリートによる外壁の内側に木造という混構造。内部には、中庭を取り囲んでひとつながりの住空間が広がっており、どこにいても時間や季節の移ろいを感じられる。
審査では、巧みな空間構成が、建て主のライフスタイルとも合致し、快適で充実した暮らしを引き出している点が高く評価され、準グランプリを受賞した。

コーポラティブガーデン(2)

コーポラティブガーデン(図面)

DATA

所在地:広島県福山市
家族構成:夫婦
面積(敷地/建築/延床):155.4m2/96.27m2/141.8m2
構造:鉄筋コンクリート造・一部木造
階数:地上2階
完成  :2014年5月
主な設備:エコジョーズ、ガスコンロ、
植栽散水システム(井戸水利用)

Photo:Hiroshi Ueda

今回の受賞作品をウェブページで紹介しています。是非、ご覧ください。

今回の受賞作品はこちら

住まいの環境デザイン・アワード2017