お問い合わせはこちら

住宅&住宅設備トレンドウォッチ

印刷用PDF

都市生活レポートのご紹介 「夫婦入浴」のすすめ

2018.12.21

最近、夫婦でお風呂に入っていますか?都市生活研究所の調査結果から、夫婦入浴の良い点や楽しみ方などについてご紹介します。

1若年層ほど夫婦で一緒に入浴している

夫婦一緒に入浴している人はどのくらいいるのでしょうか。都市生活研究所が2014年に実施した調査によると、20代では月1回以上が52%と、若年層ほど夫婦一緒に入浴する割合が高いという結果でした。
新婚のときには、一緒にお風呂に入ることがあっても、子どもが生まれたり、仕事が忙しくなったりと、ライフステージの変化によって、いつのまにか一緒に入る機会が減ってしまうのかもしれません。しかし、50代でも約20%は2~3か月に1回は夫婦でお風呂に入っていることがわかりました。
図1.配偶者と入浴する頻度(冬季)
図1.配偶者と入浴する頻度(冬季)

2夫婦入浴する人は、こころもからだも良好な人が多い

「こころ」と「からだ」の健康状態についても聞いたところ、夫婦入浴する人の方がこころもからだも「良好である」と回答する割合が高いことが分かりました。
夫婦一緒に入浴することで、日頃のストレスが和らいだり、自分では気づかないからだの変化をパートナーが気づく、というメリットも考えられます。

図2.自身の現在の健康状態<こころ>
図2.自身の現在の健康状態<こころ>
図3.自身の現在の健康状態<からだ>
図3.自身の現在の健康状態<からだ>

3夫婦入浴するかどうかは、浴室の広さと関係なし

夫婦入浴する人としない人では、浴室、浴槽の広さは異なるのでしょうか。今回聴取した結果では、夫婦入浴する、しないに関わらず、浴室の広さはほぼ変わりませんでした。一方、浴槽については、夫婦入浴する人の方がやや大きい浴槽の割合が高い結果でした。とはいえ、夫婦入浴するご家庭が、特別に浴室や浴槽が広いわけではないようです。

図4.浴室の広さ<浴室全体>
図4.浴室の広さ<浴室全体>
図5.浴室の広さ<浴槽>
図5.浴室の広さ<浴槽>

4夫婦入浴意向の高い人は、入浴時間を楽しむ設備への意向も高い

今後、浴室に設置したい設備を聞いたところ、夫婦入浴意向の高い人は、ない人と比べて、ジェットバス、浴室用テレビ、浴室暖房乾燥機(ミストサウナ付き)など、入浴時間を楽しむことができる設備の設置意向が高いことが分かりました。少し広めの浴室とこれらの設備を取り入れることで、夫婦入浴をよりよい時間として過ごすことができそうです。

図6.設置したい浴室の設備(「夫婦入浴意向・高」の上位10項目)
図6.設置したい浴室の設備(「夫婦入浴意向・高」の上位10項目)

5「夫婦入浴」でこころもからだも健康で豊かな暮らしを

リビングでいつも夫婦一緒に過ごしているというご夫婦でも、実際は食事やテレビ、スマホなど個人の好きなことをして一緒の空間にいるだけ、ということが多いのではないでしょうか。それに比べて入浴時間は他のことに邪魔されずにリラックスできる時間です。夫婦一緒に入浴することで、普段なかなか言い出せない悩みや考えていることなどを思い切って話をすることができそうです。入浴の時間を活用することでさらに夫婦間のコミュニケーションが深まり、心も体も健康で豊かな生活を送ることができるのではないでしょうか。