お問い合わせはこちら

住宅&住宅設備トレンドウォッチ

印刷用PDF

美しい窓のある住まい

2019.2.22

住宅の窓に求められる機能は通風、採光、防犯、眺望、外部空間とのつながりなど多岐にわたっています。
住宅の平面を検討するときには、窓をどの高さで、どの大きさで、どこに開けるか、もしくは開けずに壁にするのかに長い時間をかけます。同時に外観を整えることも考えます。中と外を同時に解決出来たときに、設計をひとまず終えることになります。

窓の機能について考えること

通風については、窓を2カ所以上できるだけ離し、対角線上に設けるようにします。また、水平方向の風もウィンドウキャッチ効果で捕まえることができることから、縦滑り出し窓を使うことが多いです。

採光面では、敷地の中で一番日当たりの良いところにリビングやダイニングを配置することが多くなります。北側の眺望が良い場合や、庭が確保できた時はそちら側にも窓を設けます。北側は終日一定の光が満たされた、とても気持ちの良い窓になります。

眺望や外部とのつながりについては、敷地に立って設計を始めるときに最初に考えます。どこに視線が抜けるか、同時に見られることも考慮しながら問題のない範囲で、窓を大きく開けることにしています。空や緑など一番良い景色を見せるために 、窓と庭はセットで考えていきます。垂れ壁によって風景を切り取るのか、もしくは天井高さいっぱいの掃き出し窓で外と一体感をもたせるのか、腰壁を設けて落ち着いた空間にするのか、それぞれの施主の意向や過ごし方などで変えます。また、窓、ガラリ戸、網戸、障子やロールスクリーンなどレイヤーを重ねることで防犯やその他の前記の機能を補完することになります。

東西南北の窓計画

私の自宅を事例にして紹介させていただきます。
私の自宅は将来の増築も視野に入れて、小さく建てて南北で性格の違う外部空間を設計しています。平屋でL型の建物で、南側にリビングダイニング、東西に寝室や水回りを配置しています。

リビングダイニングには南側に大きな引き込みの掃き出し窓、北側には遠くの風景を切り取るための窓を設けました。南側の隣の家が少し離れているため視線が気にならず、緑を設けているので心理的にも物理的にも日中はオープンに暮らしています。外が暗くなるとハニカムの障子風のブラインドを下ろしています。また網戸は、閉めた時に腰壁のある落ち着いた空間とするために、既製品ではなく、腰板付きのものをデザインしました。南側、北側の窓は、隠し框の木製建具で製作し、窓枠の存在感をなくして、より外とのつながりを感じるようにしています。(図1
リビングダイニングには東側に縦長の窓を設け、主に通風に利用しています。

図1. 隠し框の木製建具と腰壁付き網戸
図1.隠し框の木製建具と腰壁付き網戸

寝室は東側と西側に窓を設計しています。防犯にも考慮していて、地盤面から窓の下端が1,600以上の位置で設計しているため、覗かれる心配はありません。あわせて東からの朝日を取り入れることと、2カ所以上の窓で通風にも配慮しています。(図2

また、暗いところを通して奥の明るい部分を見ることで、奥行きを感じさせるのも窓の効果です(図3)。
今回の事例では窓のみならず、天井を低くし、段差も加えて、奥行きを演出しました。

図2. 防犯、通風、採光を考慮した寝室の窓
図2.防犯、通風、採光を考慮した寝室の窓
図3. 奥行きを演出する窓
図3.奥行きを演出する窓

このように窓単体で設計しているというよりは、施主がそれぞれの場でどのような過ごし方をするのかを考え、周辺環境や建築の規模、高低などと組み合わせて窓を設計しています。

テキスト:山田伸彦(山田伸彦建築設計事務所)
監修:リビングデザインセンターOZONE

製品のご案内

『え?お掃除がこんなにラクでいいの?』

三協立山株式会社三協アルミ社 アルジオ 引違い窓フラットレールタイプ
メーカー名
三協立山株式会社三協アルミ社
URL
http://alumi.st-grp.co.jp/
品名・品番
アルジオ 引違い窓フラットレールタイプ
材質・仕上げ
アルミ型材・アルミ断熱型材・硬質塩ビ樹脂型材
素材・仕様
アルミ樹脂複合タイプ
サイズ
引違い窓[サイズ:1690×2030mm]半外付
価格(税抜)
120,000円~(ガラス・オプション・施工費別)

新築をたてられた方に『ご自宅の窓に求められることは?』と尋ねると、『お手入れと操作性!』と毎日の生活に関わる部分が重要視されているといったアンケート結果がでました。
そんなお悩みを解決できるサッシアルジオフラットレールタイプは、断熱・水密・耐風圧などの性能はもちろんのこと、お手入れと操作性の両方に対応しています。
簡単に、サッとひと拭きでお手入れ可能な、表面に溝が少ないフラットレールでらくらくお掃除。
レール表面は凸凹や溝がほとんどないため、ゴミがたまり掃除しにくいといった下枠に対する不満を解消できます。
フラットレールは引違い窓の他・片引き窓・両袖片引き窓で対応が可能です。

アッシュ材を用いた自社生産の木製サッシ

株式会社新宮商行 OLYMPIA wooden windows 【オリンピアウィンドウ】施工例
株式会社新宮商行 OLYMPIA wooden windows 【オリンピアウィンドウ】回転窓
メーカー名
株式会社新宮商行
URL
https://www.olympia-door.jp/
品名・品番
OLYMPIA wooden windows 【オリンピアウィンドウ】
材質・仕上げ
/素材・仕様
素材:外部:ローステッドアッシュ材、内部:アッシュ材
カラー:オプション
外部:オリンピックマキシマム2回塗り(水性木材保護塗料:濃色、半透明色選択可能) 内部:オスモカラー2回塗り(ウッドプロテクター+エキストラクリア)
サイズ
SW580XSH480mm
価格(税抜)
突き出し窓(回転窓): 98,000円(塗装品、網戸・施工費別)

広葉樹を使ったサッシは珍しく、耐久性を高めた熱処理アッシュ材が屋外面に、室内側に落ち着きのある素材のアッシュ材を使用しています。公的機関に実証された「窓」として最高レベルの性能を有し、断熱性・水密性・気密性・耐風圧性全てにおいて最高等級をクリア-しています。バリエ-ションは、片開き窓・突き出し窓(回転窓)・FIX・ヘーベシーベ片引き窓・テラスドア・玄関ドアなど多彩です。網戸はタイプによってはケンドン式が可能です。標準仕様を基本としていますが、意匠の自由度も高く、オリジナルのサッシを制作する事も可能です。
40年以上の経験と実績に基づき、検証・改良・工夫を重ね、オリンピアウィンドウは現在も進化し続けています。