お問い合わせはこちら

商品情報

ガス温水床暖房工法による違い

多彩な仕上げ材・工法でさまざまなご要望にお応えする新築用ガス温水床暖房

新築用ガス温水床暖房は、仕上げ材の下に温水マットを敷き込み約60度の低温水を循環させます。設置の際はお部屋や仕上げ材に応じて最適な工法を用います。

小根太入り温水マット

適合工法:
在来
木造
2×4
工業化
住宅

軽量な発泡系の基材に耐熱・耐久性に優れた架橋ポリエチレン管を内蔵した最もスタンダードな床暖房です。

カーペット用温水マット

適合工法:
在来
木造
2×4
工業化
住宅

カーペットならではのソフトな感覚を大切にした温水マットです。

コンクリート埋込工法床暖房

適合工法:
在来
木造
2×4
工業化
住宅

断熱材を兼ねた発泡系のボードに温水配管を行い、モルタルを流し込んで仕上げる工法です。タイルはもちろん石材仕上げが可能です。

直貼り工法床暖房

集合住宅用

フローリング材そのものに防音効果を持たせることで、スラブに直接、温水マットとフローリングを貼る工法です。

二重床工法床暖房

集合住宅用

スラブの上に防音効果をもたせた下地を施し上から小根太入りハード温水マットとフローリングを貼る工法です。