お問い合わせはこちら

住宅&住宅設備トレンドウォッチ

印刷用PDF

アウトドアライフを叶える都市型住宅の中庭

2018.9.21

制約が多く厳しい敷地条件が重なる都市型住宅。狭小敷地や周囲が建物で囲まれている密集地など珍しくなく、設計者の多くはそうした条件を考慮し、光や風を取り込みながら、豊かな住空間を導くために日々知恵を絞っています。その一つの解答となる「中庭」を軸としたプランニングによって、明るく快適な都市型住宅を提供しているのがテラジマアーキテクツです。「光と風」をテーマに住宅のデザインと施工をおこなっている独立系設計事務所+工務店、テラジマアーキテクツのCEOで一級建築士の深澤彰司さんに、都市型住宅における中庭の価値と住まいへの効能についてお聞きしました。

プライバシーを守りながら光と風をもたらす

建ぺい率と日当たりを考慮して敷地南側に庭を設けるのが一般的な設計セオリーとされていますが、周囲が建物で囲まれている都市部では、必ずしも南側に庭をつくるのが快適な住まいになるとはいえません。
テラジマアーキテクツがこれまでに手掛けた物件の多くには、中庭が設けられています。「敷地のポテンシャルをいかに有効に使うのかを前提として、中庭というのは都市型住宅にさまざまな恩恵をもたらしてくれます」と深澤さんはいいます。
屋根のない中庭は、建築面積や延床面積に含まれない外部空間でありながらも、室内一体型の空間としてプランニングできるのが大きなメリット。
室内と中庭の床レベルを揃えれば広く感じられますし、中庭に面した開口部を大きく取れば開放感が増し、植栽すれば都会の中にあっても自然を感じることができます。
インテリアとエクステリアを調和させた中庭は、都市の中でも快適で自然に癒される場として機能します。
写真1
写真1.リビングダイニングと中庭の床レベルとマテリアルを揃えることで、一体感のある広々とした空間が得られる。

敷地のマイナス条件を中庭でカバーする

では都市の狭小敷地でも中庭を計画することができるのでしょうか。
「30坪程度の敷地面積でも工夫次第で中庭はつくれます。弊社では、部屋数などの要望をお聞きし、その敷地形状を考慮しながらL字型、コの字型、ロの字型といった中庭の形状を決めて、中庭の位置とそこを囲む諸要件をアウトラインとしてプランニングします」と深澤さん。
道路に面した玄関周りでも目隠しの格子壁で覆ってプライバシーを守る中庭としたり、東西南側を建物に囲まれて採光が望めない場合は、あえて北側に中庭を設けて1日中安定した光を取りこむなど、その敷地のマイナス条件を中庭によってカバーできることも多いそうです。
深澤さんは「中庭の良さはプライバシーが守られているため、アクティブな使い方ができること」だと話します。パーティやBBQ、キャッチボール、ペットの遊び場、小さいお子さんがいたら夏場にビニールプールを出して水浴び遊びもできます。中庭は都市部だからと諦めていたアウトドアライフを叶えてくれるのです。
写真2
写真2.道路に面したスペースは格子状の壁面を立てて中庭に。
光や風は通しながらも、人目を気にせずに寛げるプライベートガーデンになっている。

ゲリラ豪雨や猛暑への対策は万全に

プライバシーが守られた中庭であれば、周囲の視線を遮るためのカーテンが必要なく、中庭からの光を室内に取り込むことで日中に照明をつける必要もないので省エネ効果も見込めると深澤さんはいいます。
では、中庭を設ける時にはどんなことに注意して設計しているのでしょうか。
「一番配慮しなければならないのが水の処理ですね。今年もゲリラ豪雨が頻発したように、5年前とは降水量がまったく違います。排水溝に勾配をつけることはもちろんのこと、大雨が降った時でもオーバーフローしないようにきちんと排水処理をすることが大切です」(深澤さん)。
また今年のように暑さが厳しい夏場を快適に過ごせるように、真夏の太陽高度を計算しながら日差しを建築で制御したり、植栽で木陰をつくるなどさまざまな工夫をしているとか。

京都の坪庭のように、都市部に中庭を持つことは暮らしを豊かにするアイデアのひとつ。敷地条件とクライアントの希望を読み解く方程式の中で、中庭が快適な住まいへと導く鍵になるかもしれません。

写真3
写真3.大雨の際にオーバーフローして中庭から室内に水が入り込まないように、排水処理を施すことが大切。
取材・文=梶原博子

監修:リビングデザインセンターOZONE
テキスト:梶原博子

製品のご案内

ALIAS社のアウトドアソファ【DEHOR】

株式会社カッシーナ・イクスシー DEHOR デオール アウトドアソファ
メーカー名
株式会社カッシーナ・イクスシー
URL
http://www.cassina-ixc.jp
ALIAS:http://www.cassina-ixc.jp/shop/r/r102050/
製品名
DEHOR デオール アウトドアソファ
品番
373 シェーズロング
材質・仕上げ
本体:アルミニウム・エナメル塗装仕上(テクスチャードホワイト/ダークアマランサス/ライトメタリックグレー)
背・座クッション:Tempotest(ホワイト/ライトグレー/ダークグレー)
カラー
本体:テクスチャードホワイト
背・座クッション:ライトグレー
サイズ
W1660×D905×H687(mm)
価格(税抜)
760,000円

カッシーナ・イクスシーが取り扱うイタリアの家具ブランドALIAS(アリアス)は、プラスチック加工、金属加工、木材加工、それぞれの技術を得意とし、表現力のあるミニマルなデザインで住宅・オフィス・アウトドアなど様々な用途に幅広く使用することのできるラインナップを揃えています。
今回、ご紹介する商品は「ガーデン・リビングルーム」というコンセプトの下、ミケーレ・デ・ルッキがデザインしたアウトドアソファです。フレームは不規則なラインで構成され、背クッションも敢えてランダムな大きさにすることで自由なクリエイティブを与え、多目的用途に対応しています。生地はアクリル原料染めという特殊な製法により、過酷な天候下でも色あせしにくいのが特徴です。防カビ・防腐・防汚・エクストリーム加工を施しており、万が一汚れても手洗いすることができ、メンテナンスも容易です。別売りのカバーを使用することでより清潔にお使い頂けます。

ヘキサゴンモザイクで個性溢れる住宅に

ニューヨーク-ミニヘキサゴン
URL
https://www.tn-corporation.com
 
公式通販サイト「タイルパーク」
https://tile-park.com
製品名
ニューヨーク-ミニヘキサゴン
材質・仕上げ
B1類(磁器質)・施釉
カラー
白、黒
サイズ
23×27mm 厚さ5.5mm(タイル寸法)
価格(税抜)
5,796円/m²~

6角形の小さなタイル「ニューヨーク-ミニヘキサゴン」は屋内外の床に使用できる磁器製のモザイクタイルです。
表面は光を淡く吸収するしっとりとしたマット仕上げで、カジュアルな中にも上品な雰囲気があります。またマット仕上げのモザイクタイルは水に濡れる場所でも安心してお使いいただけます。
単色でシンプルに見せるのはもちろん、白と黒を組み合わせて自由にパターンや文字を作ることも可能です。タイル通販サイト「タイルパーク」ではオリジナルパターンをブラウザ上で作成・発注ができるシミュレーターをご用意しております。お客様をお迎えする玄関のエントランス部分や室内のちょっとしたスペースにオリジナルのデザインを組み込んでみませんか。